多重債務 解決
MONSTER NAVI
『MONSTER』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
登場人物
フランツ・ボナパルタ
ふらんつ ぼなぱるた

声優
野沢那智

キャラクター解説
心理学者・脳外科医。エミル・シェーベ、ヤコブ・ファロベック、ヘルムート・フォス等、幾つものペンネームを持つ絵本作家としても活動しており、怪物誕生の鍵を握る。ドイツ系チェコスロバキア人で、本名はクラウス・ポッペ。チェコスロバキア秘密警察の元大尉として、西ドイツ側を駆逐する為、エリートの子供を優秀な戦闘要員として育てる計画の首謀者。絵本作りは自身の計画を遂行する円滑的効率的に進める手段の一つであった。いわゆる、自分の絵本を読み聞かせ子供を洗脳する“朗読会”の存在である。その実験の一環としてヨハンとアンナは生まれる。ヨハンの中のモンスターを生み出した張本人といっても良い。“赤いバラの屋敷”で実験が行われているのとほぼ同時期に、彼の「朗読会」のノウハウは、東ドイツの511キンダーハイムに取り入れられる。しかしヨハンとアンナの母親に恋心を抱き、「一瞬にして考え方が変わった」。実験や母親について知っている人間を“赤いバラの屋敷”で皆殺しにする。その後、ベルリンの壁崩壊直前に西ドイツに亡命、先祖の故郷で隠れるように暮らす。ヨハン、アンナ、その母親の4人での仲良く楽しい暮らしを追い求めるかのように、毎日のようにヨハンとアンナの絵を描いていた。ヨハンが自分を知る人間を皆殺しにする行動の元となった、『なまえのないかいぶつ』はボナパルタの作品の一つ。父親はチェコ共産党の幹部、テルナー・ポッペ。
出典:Wikipedia

ヤロミール・リプスキー
マルティン・レースト
クリストフ・ジーヴァーニッヒ
ペトル・チャペック
ミラン・コラーシュ

漫画アニメNAVI
YAWARA! ナニワ金融道 モンキーターン AKIRA め組の大吾 ヒカルの碁 Dr.コトー診療所 魁!!クロマティ高校 アップルシード YAIBA 金田一少年の事件簿 うる星やつら 修羅の門 電影少女 新世紀エヴァンゲリオン GTO 花より男子 MONSTER バガボンド 超獣機神ダンクーガ

MONSTER NAVI
雛人形・五月人形 自己破産・債務整理